結婚して辞めて行くクライアントを見て・・・

私は看護師のビジネスが好きで、自負をもちまして働いていました。くらしこういうビジネスを続けていくという気持ちで大学生のところから稽古を通して、初めて夢物語であった看護師になれたのです。但し、30年齢を過ぎてから、周囲の個々がひっきりなしに結婚式を通してビジネスを辞めていったのです。そうしてかつての個々たちは、妊娠して分娩を通してマミーになっていきました。ある日、元個々から「もう結婚式しないと、くらし独力のままだよ、幼子も産みたいならば35年齢までにおめでたしないと鬱陶しいよ。」というようなことを言われました。私はとてもショックでした。その時にいよいよ、ビジネスを辞めたいという情熱が生まれました。その後も看護師として働いていましたが、年下の後輩が結婚をきっかけに辞めていったのです。だんだん辞めたいという情熱が凄まじく膨れのぼり、私は結果ビジネスを辞めたのです。自分の生活は単発だ。看護師としてのビジネスはとても素晴らしいですが、私は自分自身の運も大切にしたいと思いました。辞めたからこそ、冷静になってボクを見つけることができました。そうして結婚式お願いことで出会った男性と結婚式をすることができました。どのように生きていくかということをなるべく早めに計画しておくことが大切です。

最新投稿